茶婚式

茶婚式とは ~家族の絆を大切にする新しい結婚式のかたち~

茶道の精神に則った、懐かしくも新しい日本の結婚式。

茶婚式イメージ

 

美しい日本庭園に四方を囲まれた『白露庵』が茶婚式の会場です。
茶婚式では、新郎新婦が濃茶を飲み交わし、両家族が全員でお茶をいただきます。
和やかな一服のひとときを
みんなで分かち合うことで、
いつしか家と家との垣根が消え、ひとつの家族としての絆が生まれます。

 

  • 夫婦固めの儀
    夫婦固めの儀
    茶人が点てた濃茶を飲み交わします
  • 親族固めの儀
    親族固めの儀
    列席者全員で薄茶をいただきます
  • 誓詞奏上
    誓詞奏上
    新郎新婦が
    誓いのことばを声合わせて読み上げます

茶婚式の流れ (一例)

1.参列者着座 → 2.新郎新婦着座 → 3.濃茶点前 → 4.夫婦固めの儀 → 5.誓詞奏上 →
6.親族固めの儀 → 7.指輪交換 → 8.新郎新婦 両家親御様一礼 → 9.退席

御椅子のご用意もございます

ご年配の方や正座が苦手な方にも
無理なくご安心して
ご列席いただけます。

懐かしくも新しいシーンの数々

茶婚式では、昔ながらの風習や儀式を再現した感動的な儀式や演出があります。

  • 中宿そろえ
    中宿そろえ
    かつて遠方から嫁入りする道中に式準備を行った[中宿(なかやど)]。お嫁入り道具吟味の場として、お衣装あわせ、リハーサルメイクの場としてお使いいただきます。
  • むすびの膳
    むすびの膳
    茶懐石にならう膳揃えによるご両家ご会食の席。ご結納の場としてもお使いいただけます。
  • 門火焚き
    門火焚き
    [かまどの火]をまかされる花嫁が炉のまわりを回る風習を再現し、挙式前にかがり火に火入れする儀式です。
  • 謝辞式
    謝辞式
    嫁ぐ娘からご両親へ、感謝と御礼のご挨拶。
  • 一縷の礼
    一縷の礼
    生家で使っていた飯碗を木箱に納めます。「ふたたび生家に戻ることがないように」との願いを示した古いならわしの再現です。
  • 紅しずめ
    紅しずめ
    花嫁したくの介添え後、お母様が花嫁の紅をひく儀式。母から娘への深い愛情の証です。
  • 渡継の儀
    渡継の儀
    花嫁の父が花婿を迎え、茶をいただきながら互いの交流を深め、娘を託す儀式です。
  • 祝菓子ふるまい
    祝菓子ふるまい
    ご親戚や近隣の方を招き、薄茶とともに祝菓子をふるまう茶事。近しい方へのご挨拶と、幸せのおすそ分けという当地方のならわしを再現した心あたたまる茶会です。
  • ロケーション撮影
    ロケーション撮影
    庭の緑と伝統的な日本家屋のたたずまいのなかで、純白のウエディングドレスが映えるワンカットを。ノスタルジックな雰囲気が新しい、白山ならではのロケーション撮影です。

ページトップ

コメントは受け付けていません。